眼精疲労のサプリメント

頭痛と眼精疲労の関係!肩こりを併発することも!

 

眼精疲労と肩こりは、どちらも筋肉に対する負荷と血流不良のために起こる症状で、時に激しい頭痛を引き起こすこともあります。

 

要因としてあげられる「眼」の疲労は、首を通って肩にまで及びます。そして首筋から肩にかけて筋肉が緊張して血流不良となり、その結果、肩こりや頭痛が誘発されてしまうのです。

 

眼精疲労による肩こりや頭痛は、さらに放っておくと、筋肉に溜まった疲労物質が抹消神経を傷つけてしまい、手のしびれや痛みを発症する場合もあります。

 

眼精疲労によっておこる頭痛の種類とは?

 

一般的に慢性化する頭痛は、主に3つのタイプがあるようです。

 

「緊張型頭痛」

 

頭に鋭い、締めつけられているような痛みを感じる頭痛です。肩や首の筋肉の緊張によって起こりやすく、頭痛と共に肩や首の強いコリが自覚症状としてみられるのが特徴的です。長い間続くこともあり、めまいや全身のだるさを感じるケースも。

 

「片頭痛」

 

月に数回の頻度で、発作的に起こる頭痛です。この頭痛は多くの方が自覚症状があります。左右どちらかのこめかみ、または両側がズキンズキンと脈打つような痛みを感じ、吐き気を伴うこともあります。数時間から3日間程度続くこともあり、女性に多いのが特徴です。

 

「群発頭痛」

 

片頭痛や緊張型頭痛に比べてあまり知られていないタイプの頭痛ですが、痛みの強さはけた違いで、目の奥をえぐられるように感じるなど、痛くてじっとしていられない状態になります。痛みは15分から数時間ほど続き、その後消失します。ひとたび起こると1〜2カ月の間は、毎日のように痛みが起こります。

 

片頭痛と緊張型頭痛は、発症する原因が眼精疲労である可能性があると言われています。

 

 

眼精疲労による肩こりや頭痛を予防するには!?

 

とにかく目の過労を避けることが予防法と言えます。

 

近視、遠視、乱視のある方は適正なメガネまたはコンタクトレンズを装着し、楽に読み書きできるように最低40cm前後の距離を保ち、眼の筋肉の負担を減らすと良いでしょう。

 

日常生活で気を付けられるのは、室内の照明や、パソコンやスマートフォン等の画面を見る際の姿勢です。

 

読み書きを行うのに暗い照明は禁物となりますが、明るすぎる直射日光の下でも目の負担は大きくなります。

 

目を酷使するパソコン作業等の際は、背筋を伸ばした正しい姿勢で座ることにより、首や肩への負担を軽減します。また、画面に近づけ過ぎるのもピントが不安定になる乱視などの原因となるため禁物です。

 

長時間にわたる読み書きや、モニターを見たりする作業をする際には、1時間ごとに10〜15分程度、目を休ませたり、首や肩を軽く回すなどをして筋肉の緊張をほぐしてあげる事も大切ですね。

 

このような日常生活や仕事のなかで簡単にできる予防策をとるだけでも、頭痛の原因となる眼精疲労をかなり軽減することができます。

 

また、普段からブルーベリーに含まれているアントシアニンやルテインといった栄養素を補うことで、さらに効果的な眼精疲労対策となるでしょう。

 

TOPページに戻る

眼精疲労にはブルーベリーやルテインサプリメントがおススメ!?