眼精疲労のサプリメント

老眼と眼精疲労の関係

 

目の中には水晶体という組織があり、遠くのものや近くのものにピントを合わせる大切な働きをしています。

 

近くのものを見るときには、水晶体を吊り下げている毛様体小帯という線維がゆるみ、水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせることができます。

 

しかし年齢とともに水晶体はかたくなっていき、毛様体小帯がゆるんでも水晶体の厚さを変えることが難しくなってきます。

 

そのため、近くのものにピントを合わせることができなくなるのが、老眼なのです。

 

年齢を重ねることによって発症されるのが原因であることが病名からわかります。

 

老眼になるとどのような症状が現れる?

 

最初は近くの細かい字が読みづらい、見えにくい、また近くから遠くへ、遠くから近くへと距離の違うものにピントを合わせるのに時間がかかるようになってきます。

 

たとえば、読書やスマートフォンなどの細かい字を読むとき、以前よりも目から離してみないと文字が読みづらくなります。

 

また、読み書きをしていて、ふと目をあげると、遠くの景色がぼんやりして見え、じっと見ているとだんだんはっきりしてくるというような症状が起きてきます。

 

老眼は発症してから少しずつ進行していくので、老眼と気付くのに遅れてしまうことが多いようです。

 

何歳ぐらいで発症する人が多い?

 

一般的に40代から発症すると言われていますが、症状として自覚されるのは45歳前後が多いと言われています。

 

 

老眼になるとなぜ眼精疲労になりやすい?

 

老眼初期に、機能的な衰えを自覚する「近くの文字が読みづらい」という最初の症状を老眼であることを認めたがらなかったり、老眼鏡をかけることに抵抗がある方が多いようです。

 

その為、老眼を軽くみて、ただの疲れ眼(かすみ)だと誤認して放置してしまったり、市販の簡単な老眼鏡を適当に装用して目に合わない老眼鏡を使用するなど、眼精疲労をはじめとした身体症状をきたす大きな原因になると言われてます。

 

老眼や近視と眼精疲労の関係

 

老眼によって眼精疲労になると頭痛や肩こりといった症状も現れてきます。

 

頭痛と眼精疲労の関係!肩こりを併発することも!

 

「近視の人は老眼になりにくい」と勘違いしている人が多いですが、近視の人でも老眼にはなります。

 

また、近視の人でも「メガネを付けながらパソコン作業を行ったりしていると目が疲れ、眼精疲労になることもありますので注意が必要です。

 

近視・遠視・乱視と眼精疲労の関係

 


 

老眼の予防に大切なことは?

 

よく老眼予防と目にしますが残念ながら、老眼は加齢に伴う生理現象なので治す方法は老眼鏡をかけて矯正する以外に手段はありません。

 

しかし、症状の進行を遅らせることは可能です。たいていの人は、40歳頃から老眼の症状を自覚し始め、45歳くらいで老眼鏡が必要になってきます。普段から細かい手仕事をしたり、パソコン作業などいろいろな距離を見る必要がある人たちは、早くから老眼に気がつく傾向があります。

 

老眼の進行を遅らせるには、早期発見がカギとなります。文字が見えにくいと感じたら、老眼のほかに別の病状である可能性もありますので、眼科検診を受けましょう。

 

TOPページに戻る

眼精疲労にはブルーベリーやルテインサプリメントがおススメ!?