眼精疲労のサプリメント

近視・遠視・乱視と眼精疲労の関係!頭痛を防ぐには?

 

「近視」とは、手元の近距離はよく見えますが、テレビやホワイトボード、ドライブ中の遠方などが霞んで見えにくい目のことです。

 

度数が強くなる程、より近くにピントが合い、遠くのものは霞むことになります。

 

「遠視」とは、ピント合わせの努力をしなければ、遠くにも近くにもピントが合わない目のことです。

 

多くの人は「遠くが見える目」と想像されると思います。 しかし、遠視が良く見える目と誤解されてしまうのは、ピント合わせを行っているためなのです。

 

遠視は遠くを見ているときにもピント合わせの努力を続けていますので、疲れ目(眼精疲労)になりやすいと言われています。

 

 

 

眼精疲労になってしまうと頭痛や肩こりが続いてしまうので辛いですよね…。なので眼精疲労にはしっかり対策したいところです。

 

頭痛と眼精疲労の関係!肩こりを併発することも!


 

検診では良い視力値が得られますので、目には問題がないと思っている人が多いようです。

 

 

「乱視」とは、方向性によって見え方が異なる状態を言います。 縦方向が見えにくい場合、横方向が見えにくい場合、斜め方向が見えにくい場合と方向は様々です。

 

老眼世代になると、角膜の加齢変化によって乱視も変化することが多くみられます。

 

 

近視・遠視・乱視になってしまう原因とは?

 

「近視」の原因は二つに分かれます。一つめは、親が近視だと子供も近視になる可能性が比較的高くなる、遺伝性ということがわかっています。

 

二つめは環境的な要因で、パソコンやテレビ、ゲームの画面を近くで見続けたり、暗い場所での文字の読み書きをしたりといったことが挙げられます。

 

 

「遠視」の原因は、屈折異常(ピントが網膜よりも後ろで合ってしまうこと)です。

 

幼児期から眼球の成長とともにピントが正常な位置で合うようになっていきますが、合わないまま成長してしまうと重度の遠視になることがあります。

 

子供の遠視は目の調整力が働くため、遠くをよく見渡すことができますが、この調整力は年齢とともに衰えていきます。

 

大人になっても遠視の症状が残る場合は、ほぼ100%の確率で近くも遠くもよく見えなくなります。

 

 

「乱視」の原因は、角膜や水晶体の歪みにより、光の屈折率がずれ、ピントが本来の位置で合わなくなってしまっている状態です。

 

遠視と同じ屈折異常ですが、乱視はモノがブレて見えてしまいます。

 

 

近視・遠視・乱視による眼精疲労を防ぐにはどうすればいいですか?

 

先天性のものを除いて、本来はどれも幼児期に予防できます。

 

遺伝する場合もありますが、多くは「親」や子どもの周りの大人たちの生活習慣を改善することで、成長過程に重要となる視力の低下などを防ぎます。

 

最近ではレンズ設計技術が進化しているので、メガネやコンタクトレンズでキチンと補正した方が眼精疲労の予防になると言えます。

 

しかし、大人になり視力の異変に気付いた時は既に重度な場合が多く、こまめな眼科検診が難しい場合はレーシックによる根本の改善がお薦めです。

 

TOPページに戻る

眼精疲労にはブルーベリーやルテインサプリメントがおススメ!?