眼精疲労のサプリメント

自律神経失調症と眼精疲労の関係!対策は?

 

自律神経とは、無意識のうちに心身の機能を調節してくれる神経のことです。

 

心臓をはじめとする臓器は自律神経が動かしてくれています。

 

胃腸が食べ物を消化し、栄養を吸収してくれるのも、寝ている間に呼吸をしているのも、この自律神経が自動的に行っています。

 

運動をして汗をかき、その後じっとしていれば汗がひいて涼しくなるのも、すべて自律神経が調節しているのです。

 

そして自律神経失調症とは、不規則な生活や習慣などにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れたことにより様々な身体の不調が現れることです。

 

内臓や器官の病変によるものではないので病院で検査をしても「異常なし」とされてしまいがちです。

 

どのような症状が現れる?

 

「自律神経失調症」の症状としては、体の一部が痛くなったり具合が悪くなったり、精神的に落ち込んだりと、人によって様々です。

 

いくつかの症状が重なってあらわれたり、症状が出たり消えたりと、非常に不安定な場合もあります。

 

また、遺伝体質、性格、ストレスの感受性により症状の出方も様々であると言われ、治療は心身両面から柔軟に行うことが必要とされています。

 

定義や概念については多くの考え方があり、また、「自律神経失調症」は正式な病名ではありません。

 

体に痛みなどの自覚症状があるのに検査をしても異常がみつからないとき、大まかに神経系の症状として「自律神経失調症」と診断されることが多く、本来であれば別の病名がつくはずのものを安易に自律神経失調症と診断づけるケースも多々あるようです。

 

一度診断され、以降なんでも“また自律神経失調症かもしれない”で片付けてしまうと、癌のような重大な病気を見逃すことにもなりかねないので、患者本人や周囲の人はこの点も十分に留意しておきたいですね。

 

自律神経失調症になるとなぜ眼精疲労になりやすいか?

 

事務仕事や立ち仕事で首や足の筋肉が疲労したりして、自律神経がうまく働かないと、肩などの筋肉が凝って硬くなり、目や脳へ行く血液の流れを悪くしてしまいます。

 

そうなると、眼への神経伝達もうまく伝わらなくなりその結果、目や目の下の毛細血管へ血液や酸素がスムーズに循環しなくなってしまい、眼精疲労を引き起こしています。

 

自律神経失調症を改善するにはどうすればいい?

 

無意識のなか動き続けている自律神経ですので、改善するとなると、まずは心身共にストレスや疲労となっている原因を見つけることがカギとなります。

 

そして症状・タイプなどにより、身体と心の両面に働きかける治療や、生活環境を整えるなどのことを行う必要があります。

 

体質・性格・ライフスタイルの歪みにも注目して見直し、改善することが必要でしょう。

 

TOPページに戻る

眼精疲労にはブルーベリーやルテインサプリメントがおススメ!?