眼精疲労のサプリメント

眼瞼下垂と眼精疲労の関係

 

まず始めに眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたが上がりにくくなる病気のことです。

 

先天性や後天性のものがありますが、どちらにも共通しているのは、まぶたを上げる筋肉と、筋肉を動かす神経の異常で眼瞼下垂が起こるということです。?

 

これら以外で眼が開きにくい状態を偽眼瞼下垂(ぎがんけんかすい)といい、まぶたの皮膚の弛緩(筋肉がゆるんだり、たるむこと)、病的な眼球の縮小・萎縮などで起こります。

 

先天性の眼瞼下垂は、生まれつき上まぶたの筋肉の発育不全によるもの、先天性小眼球という眼球の縮小などがあります。

 

そして、先天性眼瞼下垂では、斜視や弱視をともなうことが少なくありません。

 

後天的理由には眼筋疾患、加齢、コンタクトレンズの誤った装用等により、上まぶたの機能に障害が生じることが原因となります。

 

 

眼瞼下垂になるとどのような症状が現れる?

 

わかりやすく説明されるのが「まぶたが上がらない・眼(まぶた)が思うように開けられない」でしょう。

 

最も多いとされる眼瞼下垂は、加齢・老化によって様々な原因でまぶたが開きにくくなることを総称した「老人性眼瞼下垂」(加齢性眼瞼下垂)だそうです。

 

老人性眼瞼下垂は、病態が多数あり、腱膜(けんまく)性眼瞼下垂と眼瞼皮膚弛緩症(まぶたの皮膚のたるみ)の両方を併発していることが大多数だそうです。

 

また、「開瞼器」という、白内障などの手術で目を開いた状態に保つ器具を使用すると、筋肉の緊張・硬化などの反動で術後に眼瞼下垂になることがあるとも言われています。

 

しかし、これは数か月〜1年で自然治癒することもあるため、急いで眼瞼下垂の治療を受けると、後に過矯正(開きすぎ・ビックリ眼)となりやすいと言われていますので治療の前に、医師と経過の相談をすることが大切なポイントですね。

 

 

眼瞼下垂になるとなぜ眼精疲労になりやすいか?

 

まぶたが上がらない・開けられない状態が長く続くと、まず眼球やそのまわりの筋肉が緊張状態になり、やがて疲れます。

 

そして、視界が狭くなり、視力の調整が度重なることにより眼精疲労を併発してしまう原因となることがあるようです。

 

 

眼瞼下垂を改善するにはどうすればいい?

 

まぶたの筋肉の異常であるため、基本的には外科手術が必要になります。大型病院をはじめ、眼科やなんと、美容外科でも手術を受けることができます。

 

手術の際には上まぶたを数センチ前後切開して、縫合手術によりまぶたを持ち上げる力を回復させます。

 

眼瞼下垂はプチ整形などの美容手術とは違い、「保険が適用される手術」なので治療費は比較的安く済みます。

 

ですが、視界の改善よりも、外見の改善を優先される方が選ぶケースとして知名度の高い美容クリニックなどで手術を受ける場合は、審美的な要素が強いためか費用が高額になる場合もあるので比較検討が必要になります。

 

すぐに手術を行うことができないという人は、まずは眼精疲労を緩和する簡単な対策方法から始めてみると良いでしょう。温めたタオルを目にのせて筋肉をやわらげ、血行を促したり、目の周りをマッサージして、なるべく定期的に疲れをとるようにしましょう。

 

?どのような年齢層であっても、眼瞼挙筋に機能不良がある場合は、先天性の要因が含まれている可能性があるそうです。比較しやすいように、若いころや幼少時の写真を持参し、眼科医に参考にしてもらった方が良いと言えるでしょう。

 

TOPページに戻る

眼精疲労にはブルーベリーやルテインサプリメントがおススメ!?