眼精疲労のサプリメント

眼精疲労により眼や肩だけでなく下半身にも症状が!

 

私は現在28歳、女性です。

 

眼精疲労のきっかけは20歳から続けている事務作業でのPC操作によるものです。

 

PC操作の内容はデータ入力はもちろん、ペイントタブレットによるイラスト制作、長時間の動画観賞など、モニターを四六時中観ていることが日常化していたのが原因でした。

 

最初の症状はCMなどの表現でよくある”目の疲れ”。

 

両方の目頭と鼻筋を思い切りぐりぐりしてコリをほぐす仕草ですが、本当にあの通りやります。

 

そして首の裏の筋と、その延長上にある肩が張るように痛くなります。

 

この症状は気が付くと頻繁に訪れるようになります。上半身の痛みが蔓延していくと、次第に下半身にも影響が出るようになりました。

 

分かりやすいのは腰です。分かりにくいのは、股関節でした。

 

上半身の痛みを分散させる為に変な姿勢でいたことにより、腰や股関節に歪みが出てしまい、結果的に全身の痛みへと変わりました。

 

下半身のコリは通勤や休日に、運動をするとある程度は解消されます。

 

階段の一段抜かしや、いつもより少しはや歩きなど、それだけで変わります。

 

 

眼精疲労の症状に戻りますが、進行していくとやはり視力の低下などの実害が出てきます。

 

もともと0.9あった視力が今は0.3以下です。更に乱視と、ドライアイもあります。

 

この視力では裸眼での生活はとても不便なのでもちろんPC作業用と私生活用メガネを購入しました。

 

 

ここで眼精疲労の最も辛い症状がでます。

 

長時間メガネをしたままで作業をしていると、突然後頭部をぶん殴られたような痛みが襲います。

 

その直後は眼球が1回転するような、白目をむきます。これは一瞬の出来事です。

 

この症状が出たときにすぐに作業を中断、メガネを外さなければ、卒倒とまではいきませんが、体調不良になります。

 

 

私の場合、仕事を変え私生活も改変すれば症状は軽くなるのかもしれませんが今は出来ないので、

 

仕事を終えたら出来るだけメガネをしない、目や首や肩などの簡単なコリほぐし、短時間の入浴、という毎日できる改善策を試しています。

 

1日の疲れは出来るだけその日のうちに解消するのが得策かと思います。

 

メガネをかけている時の頭痛や肩凝りの対処法はいまだに模索中です(;o;)

 

長時間モニターなどを観るのはオススメしないです。後々に『ツラさ』が、やってきますよ。