眼精疲労のサプリメント

もはや現代病となった眼精疲労!原因や対策って!?

 

パソコンやスマートフォンといった存在が私たちの日常とは切ってもきり話せない存在となってきているのと同時に、「眼精疲労」のような目にかかわる病気も”現代病”といっていいほど、日常的な存在となってきています。

 

このページではそんな眼精疲労について詳しく取り上げていますので、もし「あ、これって私のことかも」と思い当たるのであれば決して放っておくのではなく、しっかりと眼精疲労対策を行って頂ければと思います。

 

眼精疲労とは?疲れ目との違いって?

 

ちなみに皆さんは「眼精疲労と疲れ目の違い」についてご存知でしょうか?

 

眼精疲労とは「通常、寝たら治るはずの疲れ目の症状が寝ても治らない」状態のことで、眼精疲労は「病気」というように認識されています。

 

つまり、夜ぐっすり寝て朝起きたときに、まだ疲れ目のような症状が残っているならそれは眼精疲労ということになります。眼精疲労にまで目の状態が悪化すると、目だけに限らず、体に様々な症状が現れますので、もしかするとこのページを見ているあなたも、すでにそういった症状を感じているかもしれませんね。

 

眼精疲労の症状って!?

 

ちなみに、眼精疲労の症状にはどのようなものが存在するのでしょうか。眼精疲労の主な症状が下記のようなものです。

 

 

 

 

 

眼精疲労が起こるメカニズムって?

 

それではなぜそもそも眼精疲労なんて起こるのでしょうか。

 

すぐに思いつく原因としてパソコンやスマートフォンの画面を見すぎ、という理由が思いつきますが、実は眼精疲労が起こる原因というのはそれだけではありませんので、注意が必要です。

 

目の使い過ぎ

 

先ず一つ目の理由が目の使い過ぎ、要するにパソコンやスマートフォンの画面のずっと見て目を酷使したことによっておこる眼精疲労です。

 

今の時代、パソコンやスマホは私たちの生活にはなくてはならないもの。パソコンに関しては仕事でも使う機会が非常に多く、事務員として働いている人なんかに眼精疲労は多くなっています。

 

 

カメラのレンズと同じように、目にも厚さを調節することで近くのものをみたり遠くのものが見ることをできるように”水晶体”というものが存在します。

 

 

 

そしてこの水晶体の厚さを調節しているのが「毛様体筋」というもので、水晶体を引き延ばして薄くしたり、引っ張る力を緩くして水晶体を厚くしたりしてくれます。

 

そしてこの毛様体筋も、わたしたちの体の各部に存在する「筋肉」と同じで、筋肉をずっと使っていると翌日「筋肉痛」になってしまうのと同じで、毛様体筋をずっと使っていると疲れてしまいます。

 

すると睡眠をとってもまだ「目が痛い…」とか「ピントがうまく合わない」といった眼精疲労の症状が現れます。

 

⇒目の使いすぎによる眼精疲労対策って!?

 

 

病気

 

よくあるのが「ドライアイ」が眼精疲労を招いているケースです。

 

ドライアイとは、眼を守ってくれるはずの涙が不足している状態のことですが、ドライアイになる理由の一つとしてパソコンやスマホの画面を凝視することで「まばたきの回数が減る」ことにより起こるといわれています。(他にもストレス、コンタクトレンズ、エアコンなどがドライアイの原因となりえます)

 

他にも眼精疲労の原因となり得る病気として…

 

 

 

 

こういった目にかかわる病気以外でも、鼻や耳といった体の他の器官の病気によって眼精疲労が起こるケースも考えられますが、全体でいうと少数になります。

 

 

ストレス

 

また、ストレスによっても眼精疲労は起こるものです。

 

ただ、こういっても「なんでストレスと眼が関係しているわけ?」と疑問に感じる人が多いでしょう。ここでカギとなるのが「自律神経」です。

 

自律神経とは、私たちの意思とは関係なく、体をコントロールするために存在する神経のことで、例えば運動しているときに「もっと激しい運動に耐えられるよう」血圧を上昇させ、心臓の鼓動を早くさせる、といった働きを行っています。

 

逆に睡眠時は「リラックスして体の疲れをとれる」ように、落ち着いた気分にさせてくれます。そしてこの自律神経は「眼」とも深くかかわっています。

 

 

例えば、”涙”は自律神経によってコントロールされているのですが、ストレスを受けてばかりいる生活を送っていると、交感神経が刺激され「涙の分泌量が低下」してしまいます。

 

涙の分泌量が低下するとドライアイとなってしまい、結果的に眼精疲労にもつながりやすいです。

 

また、ストレスによって交感神経が刺激され自律神経が乱れると、脳につながる首や肩の血管が収縮、眼への血流も不足し、目の筋肉を回復させるために必要な栄養素や酸素が不足、結果的に眼精疲労となってしまいます。

 

 

このように眼精疲労とストレスは密接にかかわっているため、眼精疲労に悩んでいる方はぜひ覚えておいて頂ければと思います。

 

 

 

眼精疲労におススメのブルーベリーやルテインって?

 

ここまで、眼精疲労によるそれぞれの症状と改善するための対策をご紹介してきましたが、眼精疲労対策におススメの栄養素としてブルーベリーに含まれているアントシアニンやルテインといった栄養素がよく取り上げられているのは多くの方がご存知でしょう。

 

そして事実、こういった栄養素は眼精疲労に対して非常に効果的なのが科学的に判明していますので、「おススメの眼精疲労対策を知りたい!」という人はぜひ意識的に摂取してもらえればと思います。

 

アントシアニンが眼精疲労におススメの理由

 

アントシアニンには「ロドプシンの再合成を促す」効果があることが分かっています。

 

ロドプシンとは眼から入ってきた光を電気信号に変換します。こうして電気信号に変換されることで初めて視神経を通じて脳に情報を伝達することができ、人間が物を「視る」ことができるわけです。

 

このロドプシンに光があたり、光を電気信号に変換するときに分解される特徴がありますが、通常はすぐに再合成されます。

 

ですが、老化によってロドプシンの再合成が衰えたり、目の使い過ぎたりするとロドプシンの再合成が間に合わなくなります。すると眼がちかちかしたり、視界が曇ったりして「眼精疲労が進行」してしまいます。

 

このため、眼を酷使して眼精疲労に悩んでいる方にはアントシアニンがおススメというわけです。

 

ルテインが眼精疲労におススメの理由

 

ルテインとは、緑黄色野菜に含まれている「カロテノイド」という色素の一種で、主にほうれんそう、ニンジン、かぼちゃなどの野菜、マリーゴールドなどの黄色い花弁に豊富に含まれています。

 

このルテインは、実は目の仲にも存在して「目を老化から守ってくれている」存在です。

 

ルテインには高い抗酸化作用がありますが、常に外部から光にさらされ、活性酸素が非常に発生しやすい目が他の体の器官より早く老化しないのは、このルテインが目の中に集中して存在しているからです。

 

ですが、仕事でパソコンの画面やスマホを長時間見なければいけない人は一般的な人よりも早くルテインが減少してしまい、結果的に目の老化が早まってしまいます。

 

目の老化によっておこるのは決して眼精疲労だけでなく、白内障や緑内障、加齢黄斑変性症といった目の病気の原因にもなります。

 

このため、ルテインという物質は目にとって最も大切な栄養素の一つといえるのです。

 

 

 

アントシアニンやルテインは毎日、摂取しよう!

 

このように、アントシアニンやルテインは眼精疲労だけではなく、将来的な眼病予防の観点からも日常的にとることを強くお勧めしたい栄養素ですが、毎日定期的に摂取できなければあまり高い効果は期待できません。

 

アントシアニンやルテインは目を酷使するたびに消耗するからです。ただ、仕事で忙しい人の場合、アントシアニンが含まれているブルーベリーや、ルテインが含まれている緑黄色野菜を毎日食べることが出来ない人も多いでしょう。

 

 

そんな忙しい人はなんとか毎日ルテインやアントシアニンを補えるようサプリメントでもいいので利用してみてください。

 

もちろん、サプリメントに頼らず普通の食生活から栄養を補えるのであれば(栄養バランスの観点からみても)それに越したことはありませんんが、それが無理ならサプリメントからでも毎日栄養をとっているだけで、将来的には大きな差となりますので。

 

ただ、ルテインやサプリメントの中にはアントシアニンやルテインが「日本人の推奨摂取量」以上、含まれているものもあったりしますので、注意が必要です。

 

ブルーベリーの王様ビルベリー配合のサプリ【めなり】

 

 

上のサプリメントに関しては日本人向けに栄養素の必要摂取量が守られて作られているので、アントシアニンやルテインが含まれているサプリメントの中ではおススメです。

 

また、ルテインやアントシアニンといった目にいい栄養素が含まれているサプリメントについてより詳しく知りたいという場合、疲れ目にルテイン×ビルベリーサプリメントというサイトで複数のサプリメントが紹介されていますので、よければご確認下さい。

 

 

ただ、どのようなサプリメントを利用するにせよ、目の負担を減らし、目の疲れをしっかりとれるための「生活習慣の改善」が、眼精疲労を改善するためには必要不可欠です。

 

例えサプリメントを購入するとしたとしても、こういった基礎的な部分も疎かにするのではなく、しっかり生活習慣を改善する努力も続けて頂ければと思います。

 

以上。眼精疲労で現在困っている人の参考になれば幸いです。